So-net無料ブログ作成

MacTeX-2019をインストールするときの説明書 [TeX]

Google翻訳を使って、翻訳してみた。
---
MacTeX-2019
2019年4月
Sierra(macOS 10.12)以降のバージョン向け

このインストーラは、macOSでTeX組版システムを使用するために必要なすべてのソフトウェアを提供します。すべてのソフトウェアは完全に設定済みなので、すぐに使用できます。含まれるソフトウェアは
 •TeXプログラム、およびXeTeXというUnicodeとネイティブフォントをサポートするように拡張されたバージョン
 •LaTeX、AMSTeX、ConTeXtなどのマクロパッケージ
 •TeXShopというTeX用のグラフィカルユーザーインターフェース
 •Ghostscript 9.27は特定のTeXユーティリティで必要される
です。

カスタムインストールのオプションがあるのは、提供されているソフトウェアの一部のみが必要なユーザーのためです。

TeXを初めて使用するユーザーは、/Applications/TeXにインストールされているREADMEを読んでからTeXの学習と使用を始めてください。

Ghostscriptは大幅な改善が行われました。特に日本のユーザーを対象にしています。この変更をしてくれたBruno Voisin、Yusuki Kuroki(黒木裕介)、Norbert Preining、そしてYumamoto Munehiro(山本宗宏)に感謝します。詳細はApplications/TeXにインストールされたGhostscriptに関する文書を参照してください。


MacTeX-2019 ReadMe
Sierra(macOS 10.12)以上の場合

このインストーラは、macOSでTeX組版システムを使用するために必要なすべてのソフトウェアを提供します。すべてのソフトウェアは完全に設定済みなので、すぐに使用できます。含まれるソフトウェアは
 TeXプログラムそのもの、およびXeTeXというUnicodeとネイティブフォントをサポートするように拡張されたバージョン
 LaTeX、AMSTeX、ConTeXtなどのマクロパッケージ
 TeXShopはTeX用のグラフィカルユーザーインターフェース
 Ghostscript 9.27は特定のTeXユーティリティで使われるフリーのポストスクリプトインタプリタ
 BibDeskはBibTeXデータベース専用のエディタ
 LaTeXiTはLaTeXコマンドで式を組版して、その成果のPDFをドラッグアンドドロップでエクスポートできるユーティリティ
 TeXLive Utilityは、TeXLiveを管理しネットワーク経由でパッケージの更新するためのユーティリティ
 cocoAspellはアップルの組み込みスペルチェッカーをLaTeXの語句に対応するにように拡張したスペルチェッカー
です。

Mac-TeXディストリビューションは、TeXコミュニティで使われているほとんどのバイナリ、フォント、スタイル、そしてパッケージを含んでいます。これはTeX Users Group(TUG)による完全なTeXLiveディストリビューションを再パッケージしたもので、TeXLive DVDからインストールされた場合と同じように正確にそのディストリビューションをインストールします。

カスタムインストールオプションは、パッケージの一部だけを必要とするユーザーのために提供されています。パッケージにはGhostscriptが含まれています。すでにGhostscriptを使用しているユーザーは、ここに記載されているバージョンを避けるためにカスタムインストールを使用することをお勧めします。

インストールされるプログラムにはTeXのグラフィカルインタフェースであるTeXShopが含まれます。 TeXShopは、Applicationsフォルダー内のサブフォルダー内のTeXフォルダの中にあります。アイコンをドックにドラッグするのが便利でしょう。 TeXフォルダには、経験豊富なユーザー向けのTeXLiveの技術的な詳細、および初心者向けのTeXの使用方法と学習方法を説明したREADMEファイルが含まれています。

TeXで使用するプログラムの中には、レターサイズの用紙とA4サイズの用紙のどちらを使用しているかを決めておくべきものがあります。インストーラは、プリンタのデフォルトの用紙設定から答えを推察しようとします。これはほとんどすべての場合に機能します。問題が発生した場合は、/Applications/TeX内のTeXLive Utilityを実行し、[設定]メニューの[用紙寸法を変更...]を選択してください。

インストーラは、BibDesk、LaTeXiTをApplicationsフォルダ内のTeXフォルダに追加します。これらは標準のMacプログラムなので、不要ならゴミ箱にドラッグするだけでアンインストールできます。

TeX組版システムは、いくつかのコマンドラインプログラムと多数のサポートファイルで構成されています。これらのツールは、Finderには表示されないディレクトリ/usr/localにインストールされています。システムのLibraryフォルダの中にはTeXという名前のサブフォルダがあります。このフォルダの中のRootファイルはTeXディレクトリツリーへのリンクであり、それがFinderから見えるようになっています。関心があれば、それらのファイルを調べることができます。これらのツールには必要に応じてTeXが自動的にアクセスするので、通常はコマンドラインファイルを調べる必要はありません。

他のシステムでTeXを使ったことがある方なら、$TEXINPUTS、$PATH、そして他のシェル変数を修正したくなるかもしれません。シェル変数はmacOSでは自動的に処理されます。TeXに、ユーザー独自のスタイルファイルなどを追加したいことがあるでしょう。その場合は、ホームディレクトリ内にあるユーザーのLibraryフォルダの中にディレクトリをtexmfという名前で作り、このフォルダのサブディレクトリに追加のファイルを置いてください。たとえば、LaTeXは任意のファイルを

~/ライブラリ/texmf/tex/latex

またはこのフォルダのサブディレクトリに置きます。

TeXの詳細については、http://tug.org、特にhttp://tug.org/begin.htmlを参照してください。そこには各種資料へのリンクがあります。このMacTeXディストリビューションの詳細については、http://tug.org/mactexを参照してください。
---

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。